LYRICS

Night on Verse / 校庭カメラガールツヴァイ
night on verse

Lovin flash Da Bagdad

バースデイ クラッカー
パーリナイ スラッガー
オランジーナ ファンタ
ロマンティック スランバー

不安なんかないさほら虹が見える
しがみついた闇振り払いグッデイ
play to hard
わくわくするニューデイ
全部がなくなって うまれて
また全部がなくなって うまれて
this is you

君が泣いたとこ隣で見てたけど
どうしたらいいかなんてわかんなかったんです
君に僕のこと知って欲しかったけど
その前に君のこと知りたかったんです

光ったまま僕ら手を取って
ほら はしゃいでる 君が見えるように
光ったまま僕ら手を取って
ほら はしゃいでる 君が見えるように

終わらないこのリズムで

同じ光の中 You & I
きっと変わらないよ 20年先も
bass & drums と宙へ浮かぶ
ライフイズミラクル 途中経過
thank you for the music
and you

君が笑った顔見たかっただけです
世界中見渡そう フロアの真ん中で
君とダンシングしたかっただけです
キラキラとロールする フロアの真ん中で

光ったまま僕ら手を取って
ほら はしゃいでる 君が見えるように
光ったまま僕ら手を取って
ほら はしゃいでる 君が見えるように

終わらないこのリズムで


Lonely lonely Montreal

this world
in such a lonely world

また帰り道 遠回り
眉間にしわ寄せるダーティーハリー
ターニングポイントはその日だった
肝心なこと ちょっとわかった
本当はまだ辿り着けない
見えない hater 映し出す laser
転換中さ my life wake up
連打 連打 コンティニュー

それを繰り返し僕らはここにいる
あの頃の痛みすら今じゃ心地いい
easy come easy go
ピンチはチャンスだと笑うよ
ピーチク パーチク 鳥が鳴き出す
信じる数だけ朝がまた来る
ハックルベリー さながらの pain

冒険中でもスローペース
確かに僕らは肯定する
情熱とコンテンツ
どっちでもいーよ all ways
one two three four days
キラキラの dress とショーケース
身だしなみ good さあ証明する?

フィクションノンフィクションの狭間で
いつも通りいようと朝まで
君を待って閉めたカーテン
すれ違って消えた sunday
なんでかなって今は思わない
パステルカラーじゃない まっpink
分かってるから細かく maping
good

朝が眠る 頃にやってきたり
夜が目覚める頃に きたり
2人 1人 離れちゃう lyric
日々を remix
don’t leave me
no gimmick

ねえ 君は
この場所でいつかね歌ったこと全部捨てるの
ねえ 僕は
この場所でいつかね歌ったこと全部捨てるよ

それでも 行かなきゃ
それでも 笑わなきゃ

振り返ればまたヤツがいる
溢れかえる never 奪った自由
グッバイハロー 桜散る
逆立ちで見ても 空は blue
新しい陽と今日が回る
roots + roots で new groove
ぶつかる 宙に散らばるフルーツ
難しいの弾く water proof

そうだったんだね 若いし分かるよ
春よ来いとか言ってたもんね
repair できない life はday by day
0時0分0秒 プレイゾーン
演じてるの ビョーキだって貞操
page めくる 捏造スライド
I want 内緒

探検中 たまに泣いてる
ハイテクだと安定する?
大抵中2 掻き消す マイペース 大変です
回転する high cadence
エーデルワイスもてんてこ舞いです
先生最後のとこだけもう一回
repeat

URL は Q&A 考えてる間に週末です
中盤です race あっという間
突っ立ってる君 @ loser
大量生産 like a trooper
内容無いからxxxはスルーさ
もっと深いとこ潜る scuba

朝が眠る 頃にやってきたり
夜が目覚める頃に きたり
2人 1人 離れちゃう lyric
日々を remix
don’t leave me
no gimmick

ねえ 君は
この場所でいつかね歌ったこと全部捨てるの
ねえ 僕は
この場所でいつかね歌ったこと全部捨てるよ

それでも 行かなきゃ
それでも 笑わなきゃ

僕らはこれからも歌って


Lil Tomte

saw way あのね 千年 for chain
茶 戦争 意味
saw way あのね
sir change chaplin 31 hands up

go to da パラダイス 夜 欲張らない
テキトーに笑っちゃう enjoy さ hollaback
体の中からなんかパッと火がつく
真ん中より左
マジック放つサリー みたいなガール
時代が変わる
横目チラっと見て愉快なダンス
I’m a ラフレシア 節操なんてない
トゥナイ センスオブワンダー
原色サンライズ

スカートを cut 過去の blood
何度も 何度も 愛なのかと

最初にマカロニ 最後にマカロニ
考えすぎだよ
これはただの irony

バカラグラス割って パリジェンヌ
あからさま回る針は
エレメンツ mayday
手練手管 take down

fake life
目眩む 夢膨らむ 笑う
fake life
目眩む 夢膨らむ 罠
ギンギンギラギンギンに味気なく
笑う


Salt lake Lostman

ポストマンパット いやロストマンパット
もうすぐ終わるなら僕が歌うよ
fly me とか言う外人さんみたく
大事なことは funky らしい
不安にすぐなる 少年少女
ブラッディスクライド どーん
どうのこうの言う前にさ
lotta love もっと踊ったら?

ワタシオドリカタワカラナイノ
ダカラヤサシクオシエテネ
weekend ticket with あなた
春夏秋冬 しゅがしゅが ぽん
吹く風 ふっかつのじゅもん
ぶつかって気付く もう4月
帽子はスッと飛んでっちゃったよ
不本意な loop もういらないよ

rollin’ morning what’s up
出る杭打たれても良く育つ
孤独紐解くとたいしたことないよ
本当のことなんて大事じゃないよ
変わればいいじゃん そう we can
growing up もう一回
言いたかったの そういうことかな

もう少しだけ見てて
君が僕を変えてしまわないように

もう少しだけ見てて
I’m lostman それだけ

同じ月の下繋いで
この世界と踊ろうとしてたのに
君のいた季節も捨てて
最後まで 願いごとで 飛べ

終わりがあるから lost があるの
過去の話だよ last grasgow

フラスコ 試験管 揺らすこのメンバー
ヤツらも一緒にラブミーテンダー
way out 君は player
今繋がること証明してんだ
you gotta mail 夢で会ったね
もう終わった pain 踊り明かせ

そんな歌で何見えるの
そんな歌で何消えるの
変わらない 変わらない
変わらない ものなのに

lost many

また同じ月の下繋いで
この世界と踊ろうとしてたのに
君のいた季節も捨てて
最後まで 願いごとで
飛べ


Amsterdam Butterfly

I lost count.
what animals?
to way

終わりがはじまりとか知らない
夜の帳が交わり I like it
spicy dancin’
party や祭りのあと
脱走する taxi のクラクション
switch 変えるような フィジカルドラマ
ほらまっすぐ歩いてきたつもりだって
キュー押したまんま回っちゃうタンテ
集合時間はまた3時半で
深夜の drive
この先のカーブ曲がったとこにある
wonder land で踊り明かしたい今夜
boiler room に warp する様な
感覚で one chance ストライクプロボーラー
hold on

ヘルタースケルター welcome status
venus bad head な player
トレスポよりゴージャス dress code
世界と別行動
振り回されて いつの間にか sunday
夢と希望挟んで しれっと過ぎ去ってく
みんな寝れない midnight city
limit 超えて蝶になる gimmick
君は壊れて 夜に咲く lily
give me 3D
手に入れ 奪われ ペニーレイン回れ
twenty faraway
faraway


Slingshot Stagecoach

悪魔の取り引き
まずは tricky な answer 出す
negotiation busy
不一致な生活も雰囲気でセイハロー
定価よりプレ値で切らせる payment
経験上例年通り crescendo
ego と ego の game もう the end
人工コケッコー 日本語 session
既存のフレームの中で無礼講

噛み砕いて飲んだ アスファルト マンハッタン
やっぱり違うな やっぱ違うな
噛み砕いて飲んだ ロズウェルとロックスター
やっぱりこのままさ

bye bye ありがとう さよならんらん
アイツもアイツもおしまい ちゃんちゃん
変なことも fake なことも全部歌っちゃう
クレープ ストロベリー fragrance は berry
罪と罰 wedding 滑り台 空
どうやって生きてくの また消えるの
どうやって満ちてくのかまた見せるよ
人生ゲーム 2年目 greeting freeway

砂漠のラクダ サブカルラップスター
楽々アフター crush da tractor
裏で踊る dancer キツイのに微炭酸
black が white で white が black
umbrella すら突き抜ける shampoo
パックで買って混ぜちゃう scramble
3分クッキング champ の verse
その場暮らしのヤツらの jungle
そのキャップだってどっかの sample

dog dog dog 1 2 3 yo

噛み砕いて飲んだ アスファルト マンハッタン
やっぱり違うな やっぱ違うな
噛み砕いて飲んだ ロズウェルとロックスター
やっぱりこのままさ

やっぱりこのまま笑う


Humpty Taxi

私の話 初めてしたね
別に隠してたわけじゃないけど
壊れちゃうのが恐かっただけで
溢れちゃうのが恐かっただけ
それでも全部わかって欲しくて
AM2時まで寝ない理由も
ありったけの言葉を集める為で
ホットココアは熱くて飲めないし
パジャマのまんまドアをあけて
あなたの顔を覗いてみたり
明日のことを思ってみたり
本当は不安なんだよわかってね
あなたの前でまた笑ってる

今日はどこ行くの?
どこでもいいよ?

kicks はハラチ click するマーヴィン
夜の街灯で作り出すアーチ
まーいっかソレ置いといて走り出す
意味ないことない まだ beginner
venus freedom 繰り返す letter
振り返る度に溢れ出す ever
fleshness bordeaux color の taxi
揺れてる夜 あなたごと touch
pandora 開ける スタントガール
いつか見た映画のサントラ
one track で紡げる one love
genius but regal madness
basement ですげーフレーズ浮かぶ
checkmate

突然はじまるデート 盛りだくさんなプレート
夜中に入っちゃう銭湯
wait a moment
夢ならまた見れるよ
揺れ ゆれれ 揺れるよ
嬉し恥ずかし night cruise

このまま乗っかって 明かりも消しちゃって
humpty taxi 止まらないの
まだ気付かないだけで ぼくらは光りだしてる
humpty taxi 止まらないの

humpty taxi もっと走ってよ

ありきたりな言葉しか言えなかった私が
走り出す はじまりを恐れてた私が
価値観の裏にあるオリジナルを歌い出す
flash back my wack 迷わずいたいな
こんな夜に合う曲 pick して ride on

It’s life goes on

高層ビル 影が伸びる
すり抜けるよ 夜を steal

簡単に見れない 分かってるけど
piece を集めてかたどる vision
何年も経って 積み重なって また one day
いつまで それを君は抱えてる?
いつかねなんて言って笑ってる
乗車券なんてないどうせ
追いかけてるの pride のせい?
no money でも誰もが乗れる
無線 run アンテナ立てた player
変な妄想で楽しくなれちゃう
world is mine
最後の最後で笑えるように

スピーディーに流れる窓の向こう
あえて雰囲気に飲まれてまどろむの
wit に富んだ joke なんて言えない
一歩進んで二歩下がる midnight

一緒に行こう さあ遠くまで

届けば終わるのかな
夜空や 言葉たちを 越えて
まだ行ったことない場所へ

このまま乗っかって 明かりも消しちゃって
humpty taxi 止まらないの
まだ気付かないだけで ぼくらは光りだしてる
humpty taxi 止まらないの

humpty taxi もっと走ってよ


Good will Camping

はじめて会ったのいつだっけ
探してたものが見つからなくて
逃げ出してきたばっかりの頃で
君はなんだか無駄に明るくて
そん時は面倒くさかったっけ
しばらくそれが続くんだけど
終わらなかったり 急に終わったり
いろんなものを一緒に見たんだ

だんだん慣れてきて忘れてく
そん中に大事なもの いくつあるかな
こっちは元気でやっています とか
本当はずっと強がってたんだ
私にしかできないことは無いの
って言ってたけど それ見つけたからさ
気付いてほしくて
ここで歌ってる

君が守ってくれた僕が
ずっと守りたかったのは
君のことだったんだ

ただ流れた 揺られながら
それに気づかないフリをして
過ぎ去っちゃって
振り返ったんだ

それすら間違いじゃないと

僕は自分のことがキライで
君も自分のことがキライで
慰めなんか役には立たなくて
優しさなんかじゃないって知ってた
風の強い日に帽子被って
雨の日に傘もささず 走った
きっと忘れちゃうことで
笑っては泣いて 泣いては笑った

だんだん慣れてきて忘れてく
そん中に大事なもの いくつあるかな
これくらいなら頑張れます とか
本当はずっと強がってたんだ
私にしかできないことは無いの
って言ってたけど それ見つけたからさ
早く気付けって
ここで歌ってる

君が守ってくれた僕は
ずっと守り続けるよ
新しい朝も

ただ流れた 揺られながら
それに気づかないフリをして
過ぎ去っちゃって
振り返ったんだ

それすら間違いじゃないと

それから
僕は未来の話をしたんだ
過去を思い出せないからではなくて

花が咲いた とても綺麗な
それに気づいた時には
もう 夢だったんだ
奇跡だったんだ

未来へいこう
キライな僕と



音像とコスモス / colobs
colobs

音像とコスモス

何をしてたの? その窓を閉め切って
ステレオタイプの歌 ダストシュートに投げ捨てて

その窓を開ければ宇宙につながってる
飛び立ったメロディが星座のビートに乗って

集まっていくんだ希望も絶望も
自由も不自由もすべて飲み込むんだ

ぼくらの音像はコスモスなんだ
文明なんて一瞬で超越するんだ

動き出した ぐちゃぐちゃの生命が
うねる宇宙のグルーヴの渦を巻き起こすのさ

物質社会に支配されて
満たしきれない虚栄心埋める日々

みんな忘れちゃった生まれる前の事を
生命は宇宙さ それ以上でも以下でもない

お腹の中もブタ箱の中も みんな一緒なんだよ 
さあ目を閉じて 
ほらね?宇宙でしょ

繰り返すのさ 矛盾も過ちも
ぶち壊すのさ 窮屈な頭蓋骨を

ぼくらの音像はコスモスなんだ
文明なんて一瞬で超越するんだ

動き出した ぐちゃぐちゃの生命が
うねる宇宙のグルーヴの 渦を巻き起こすのさ


生命現象のダンス

雨が降ってる ぼくのせいじゃない
今日もベッドから出れないみたい

エアコンの風にさらわれたぼくは
知らない季節の隅っこいた

本当は人類が滅びてたりして
廃墟の街へピクニックに行こう

いつの間にか暗くなっていた部屋で
ベッドの中の宇宙を泳いでいた

今日もぼくは生命のダンスダンス踊るよ
しゃらららら 夢さえ見れない世界で
踊るよダンスダンスダンス

冷えたコーラの波とビートにくるまって
無意味な言葉塗りつぶすんだ

毛布をかぶったまま会いに行くよ
同じ雨を眺めてる君に

思い出したんだ なんでもない出来事
広い宇宙の片隅の不思議な奇跡

すべての命がゴキゲンなグルーヴにのって
しゃらららら 絶望だらけの世界で
踊るよダンスダンスダンス

いつの間にか暗くなっていた部屋で
カーテンの隙間の宇宙を眺めていた

今日もぼくは生命のダンスダンスダンスダンシング
しゃらららら夢さえ見れない世界で
踊るよダンスダンスダンス


8月32日

静まり返る海岸通 日差しだけ残して
夏と秋の境界で一人でゆらゆら

8月32日

子どもたちは学校で防災訓練してるのかな
30度超えてるのに夏は後ろ姿

まるで透明のカプセルの中へ閉じ込められて
浮かんでた少し前が嘘のよう 誰もいない海

8月が終われば夏が終わるよ
あっという間に息が白くなって
色んな事忘れちゃうんです

8月32日

静まり返る海岸通 
日差しだけ残して
夏と秋の境界で一人でゆらゆら


ホミニゼーション

生まれた時からぼくらは主人公だった
動物でもなく神様でもなくぼくらは人間なんだ

サルと人類はかつては同じだったんだ 
500万年前に遡る ずいぶんと昔だね

「明日のために今何をする」
やがて人間は二本の足でトコトコトコトコ

現在過去未来と思考を往来して
欲望さえもカテゴライズされて猿人はどこへ向かうの?

きっとおサルさんと人間の本質は何も変わらないまま
チンパンジーの届かないところは空の彼方

塗りつぶしてるんだ頭蓋骨の内側を
人間というペンキをつけてべたべたべたべた

地球の手のひらでぼくらは踊ってるんだ
やっぱりぼくらは動物なんだ一生動物なんだ

ずっと前からぼくらは
何者にもなれないって知ってたんだ
ホミニゼーションの最終段階は宇宙の彼方

にんげんは戦争をする
環境を破壊する
欲望は止まらない
だっておサルさんなんだもん

きっとぼくらはずっと
この先も考え続けるんだ
それこそつまり人間らしいってことなの?

ねえいつかは人間も愚かな争いがなくなって
チンパンジーの届かないところへいけるかな


iuM

一瞬我を失う程
思考がスローに落ちてゆく

嗚呼 
まるでここはぼくたちの
サナトリウムみたいだね

はじまりでも終わりでもないよ
言葉だけが ぐるぐる回って

風船が飛ぶような速度で
透明になってしまった

このまま佇めば
地球最後の人間になるの
いつかぼくが化石になっても
そばに居てよ


アフターワールド

命って不思議だな 溢れかえっては消えていって
繁栄と衰退を繰り返して繰り返して繰り返していく

退屈な毎日は細分化した競争で消費して
形のあるものや形のないものは平等に

森に還る

動物たちは廃墟の上で命を語った
星が燃え尽きるまで

僕の夢が宇宙になるまで

ぼくたちが消えた世界の
文明が埋まった森の上で
ちょっとだけでいいから
にんげんの歌を歌ってくれよ

君の声がいつかぼくに届くように

朽ち果てた高層ビルの残骸へ沈んでいく夕日が見たいの?
錆びついた鉄塔の上で石のように佇んで
 
空に溶けて

にんげんたちが残していった 夢のかけら
すべて消えるまで

君は一人で歌うの

にんげんがいない世界の
波の音や空の色を
ちょっとだけでいいから
優しい歌声で教えてくれよ

夢の続きをいつか君とみたいから

ぼくたちが消えた世界の
文明が埋まった森の上で

ちょっとだけでいいんだ
にんげんのように手をふってくれよ
きっといつかぼくに届くから


透明な線路、あるいは宇宙

明日の後ろ姿が落とす影は昨日のからっぽ
どんな形をしていても問題ないさ 問題ないさ 問題ないさ

心の片隅では消えたはずの透明の無人駅で
ぼくらは電車を待ってたんだ 
言葉ひとつも言わずに、溜息もつかずに

あなたは頭蓋骨の中でどんな絵を壁に描いてたの?
もしもぼくが動物ならば長い尻尾であなたの生命を撫でたのに

まるで生と死の境界線みたいな
透明なぼくとあなたの集合体は
宇宙になれずに粉々になり
生命が剥き出しになってしまった

それはまるで

雑草が生い茂った廃工場にひっそりと生息している
虫達が、はみ出した人間が吐き出した腐ったアメ玉に群がっている
かのようで少し違ったみたいだ

ぼくはその秘密の文明都市のような虫達の世界も
何もかも滅亡するまで、ずっとここにいたい
(体育座りして)(風の音)(遠くの車や電車の音を聴きながら)
化石になりたい 

あなたと宇宙になりたい

透明の電車に揺られて永遠の一番近いところへ
ガタンゴトン向かうのさ
あなたと宇宙になりたい 


いつかすべて終わる

いつでも戻れたならいいのにな
音も立てずに消えてしまった場所

はじまりはおわりに向かって進んでいくのが前提なのかな

ぼくらが暮らしているこの星も
太陽と一緒に消えてしまうんだね

五十億年も先の話だけど笑えないね

いつかすべて終わってしまうんだ
永遠に続く事なんて何もないんだ 
例外はないんだ
終わってしまうんだ

この街にもホタルとかいたんだってね
すっかりと変わってしまうんだね 
そう何もかもが

街中を埋め尽くす灰色のビルもいつか全部なくなってしまうんだ

存在や想い環境や関係性 
瞬きごとに更新されていく
永遠なんてないんだ 
時間は儚いんだ 
一瞬を大切にしなきゃな

いつかすべて終わってしまうんだ
永遠に続く事なんて何もないんだ
例外はないんだ
終わってしまうんだ

終わってしまうんだ


Where the Wild Things

今日はどれくらいの悲しみが染み込んだの?
君のやさしさはこの世界のどこかで溶け合うの?

聞こえてくるんだ ビートにのって
届くよハーモニー
世界中に響けよ 光となって

今日はどれくらいの絶望が希望を塞いだの?
君のやさしさは暗闇をそっと照らすメロディー

優しさってなんだろう?
他の人や 他の種(いきもの)に
思いやりを向けることは
本能に背くことなのかな?
だけどぼくはその矛盾した優しさが愛おしいんだ

ぼくらの身体は遺伝子のただの器なの?
優しさが芽生えたらエラーなの?いきものとして

明日は少しだけでいいから君のやさしさが
この世界の歪に溶け合えばいいのにな 

聞こえてくるんだ ビートにのって 
届くよハーモニー
世界中に響けよ 光となって


Deadstock Walking feat. Vivid Jas

Ladys and Gentlemen
これは芸術だぜ Like Beethoven
これはWACKなヤツらに鳴らす警報です
そんな簡単に手上げんな Say Hoで
All Day あれもこれも全部確定、しちゃいない
逆転、裁判、革命、起こすの 楽園、泳ぐの
微々たる差だろ Criminal Dead, Game Over
一回死んだら2度蘇る Midnight Speaker
BeatはFreedom
Three Size 上からZero, Zero, Zero
Up & Down なんて上っ面だろ
気が付きゃ脳内 絵に描いた迷路
Playboy気取りで被るベレー帽
This is No Joke

俺は言葉音から生み出すDesigner
John Lawrenceより相当すげーやつ
行動で示す Loss, Breaker
無限な思考で Play da Soul
平和とかSay WhatとかGet Down
Coolで変な歌歌う

これはSkillがあって成り立つPlay
JekyllとHyde 塗りたくれ
まるでJack Sparrow, Fashion BandじゃもったいないのさFunction Oneも
One More
まやかしのZion 掲げてウザいの
期待のない 世界来いよ来いよ
とっくに死んでるぜその声も

嗚呼既視感に いつか慣れちまって
消えたボーダーライン夢の彼方
Party 気づかない People 溶けていく
幻覚のお腹ん中で
NO お花畑 普通のデストピア

足りない 今死んだ夢が
聞こえない 今欲した声が

Ladys and Gentlemen
手の平で転がす生のゲーム
お前のウェイトじゃ軽い軽い
固く柔らかく燻すCool J
ヘイヘイ おおきに 迷子はKill
冷静 going TightなWill
天使も悪魔も裏切るビジョン
焼け石にかぶせた水は5リットル
理想 一生 フィードバックする
ビート板なしで泳げない人間
場違いチョイスしちゃう 全員で
輪廻転生 Bring The Hell, Yo
インカ帝国で 韻かてーLOVE
かましちゃう夜に乗る銀河鉄道

嗚呼疑心暗鬼ストーリー教えて
予定調和 is 宇宙の彼方
みんなみんな溶けていった
幻覚のお腹ん中で
脳お花畑 虚構のユートピア

嗚呼既視感に いつか慣れちまって
消えたボーダーライン 夢の彼方
Party 気づかない People 溶けていく
幻覚のお腹ん中で
NO お花畑 普通のデストピア

足りない 今死んだ夢が
聞こえない 今欲した声が


ぼくたちの流星群

ちっぽけなぼくの悲しみは
人混みで行き場をなくして

あなたの優しさにぶつかって
カビが生えたんだ

いつだっけ二人で河原で
なんとか流星群をみた夜
はくちょう座V1489星の話ばかりしてた

あなたの目から入り込んだ流れ星は
内なる宇宙を何色に照らしたの?

ねえどうして人間は
犇めき合いながら孤独を求め愛を求めるの
今日も寄り添ってるんだ
小さな光と光が惹き合うように

にんげんの一生なんてさ
一瞬のウイルスのようなもんさ

ねえどうしてぼくたちは
こんなにも不自由で大切なことさえ見失うの

離れないでこの広い宇宙で迷子になっちゃうから

ねえどうして人間は
傷つけ合いながら答え探し希望を探すの

今日も寄り添ってるんだ
融和しない宇宙の内側の光求めて



Dis dear Month of August / 校庭カメラガール
dis

Please Breeze

lyric by Vivid Jas
track by human,discovery

見ていたいものがあるのさ
君と並んで
潮の香り 君の髪 揺れるリズム

あれは何年前だっけ 僕が何歳で
君が何歳ってよくわかんないけど
はっきり覚えてる感覚がここに確かにある

海岸通りをゆっくり歩きながら
歌う be free コンビニで買ったシュークリーム 僕らが作る movie
いたずらな空気が気持ちいい groovy
もっと先まで行こう

話をしよう悲しいことも
話をしよう嬉しいことも
優しいだけが優しさじゃないから
カラっカラの空は笑った

人生の中のほんの一瞬 だから miss you
捨てちゃえばいい reason
believe me 楽しむ ライカピクニック
この場所にまた集まって踊るの

今は少し未来は見なくていいや
同じ風が吹いてて気持ちがいいな

ピースサインなんて するのは簡単です
実際誰もかれも一人で悩んでる
何かが変わるように 涙が乾くように

ずっとここにいたいね 気持ち良く前へ
進む為のマイレージ 貯めて踊るフライデー
回転する日差し 徐々に遠くなってく
グッバイサンデー

覚えていよう悲しいことも
覚えていよう嬉しいことも
優しいだけが優しさじゃないから
カラっカラの空は笑った

人生の中のほんの一瞬 だからmiss you
捨てちゃえばいいreason
believe me 楽しむ ライカピクニック
この場所にまた集まって踊ろう


La summer Planetes

lyric by Vivid Jas
track by yuichi NAGAO

ケバブ片手キャンプをプロダクト
ワクワクするバース チェーンリアクション
ラスト 越え ファスト
パスモ割って線路だって壊すよ
ナズもジャズも知らないけど
夏のマストバイは ディスラップショー

イメージをリソース
メイクサムノイズ
天から降るよ 眼からウロコ
体夏にする TMごっこ
シーイットナウ 楽しんでるとこ
机に置いてきちゃいなレポート
おっととっと xxx だぜ
スクリューパイルバナナボート

マイメモリー マイメロディー ライドオン
アイスキャンデー ナイスキャッチ ペロリ
壁なんてもうないさ ライカベルリン
タツノオトシゴ 旅立つお年頃
退屈になっちゃったらやめるし
ドリンキンダ グレープジュースはウェルチ
ありがと サンキュー シェイシェイ メルシー
髪型 ボッサボッサになっちゃう エンジン

we can do da good time
見たくないもんいらない

again

離れてく雲追いかけて
溶けてしまう前に掴むの
ラストサマープラネテス
あれもこれも忘れちゃったの
ラストサマープラネテス
夕陽なんてまだ見えないの

ここでまだ遊びたいだけ
このメンツで
こぼれた何か乾くまで
このメンツで

先立つロンリー かち割る氷
足バタウォーキン 波乗るジョニー
フライドポテト くわえてる女子
最初で最後 ストレイトストーリー
やっぱいーな この季節ライキッ
まだピーカン照り キテるライジング
秒速でセンチなレスポンスゲット
ウィー アー 昼に飛ぶジェット
目と目 手と手 えとせとら
フレッシュなフレーズでヒットエンドラン
きっとたまに思い出したり
するから写真はいらない

朝一で来たのにもう2時過ぎてる
浮き輪振り回すラブリーエンジェル
ファブリーズ直接地肌にシュッ
サンプリングじゃないよオリジナルチューン
転んでケガして泣いちゃったあの娘
リカバリー スイカ割り おかわり
サニーデイ

ラストサマープラネテス
あれもこれも忘れちゃったの
それすら忘れちゃいたいの


Happy Major (re zwei)

lyric by Vivid Jas
track by nok

夢見る少女はちんぷんかんぷん
残酷です 針チクタク
びっくりからあげ びっくりドンキー
チップにコイン ゴシップにローリン
ウィッグをくるくる 信じるミラクル
行くよ 来るよ
フルボリュームで歌う 呼吸不全
全然見つからない てか天然記念物なんじゃない?
ナイトアンドデイ 泣いたってまた来年
はいじゃあね xxxさん やっつけちゃうぞ

this is artist? this is rap?
信じるかどうかあなた次第
キッチン立ったらみじん切り
でも一気にやったらつまんないでしょ?
インディー上手に冒険中 君の脳に寄生獣?
お決まりのフレーズ ステイチューン
言いたいことは規制中
苦痛ループするエンターテイメント
底辺から経験する敬礼
アイドルデパートメント崩壊
最近話題? はいどーも
自分を出してる私がいい
とか言ってるけどそれ放し飼い

コウテカ2 楽勝

終わらないバース 終わらないラップ
止まらないジャンプ 空中キャンプ
十中八九 スチュワーデス
鬱になっても普通じゃん
夢中になって優柔不断です
グッズの為に早朝始発です
フューチャー ノーフューチャー
ウィーキャンフライ


Curtain Call (girl remix)

lyric by Vivid Jas
track by Primula

今日は暖かいから外へ出よう
たまには少しスロウなフロウ
寒くないから踊ろよもっと
掴んであげるその手ごと
騒々しい毎日求めとこう
今度はどこへ飛ぼうかな
久々に通った校舎や あの娘と行った東京タワー
もうどうやら戻れないって想像は本当だった
子供の歌ったただの替え歌
大人になった心揺らした
もう僕たちはノートに書いた文章なんか
とうに忘れた
ちょっとしたきっかけで思い出す
それくらいがちょうどいいのさ

これはきっと大切な詩になる
今日はきっと大切な1日
そんな衝動ふわりと浮かび出す
カーテンコール

レイクのほとり 太陽は踊り
フレンズ伴って テントを張って
結局色濃くなってく
不安定に混ざってくワンデイ
反転する万華鏡みたく
果てることなく繋がってく
忘れるたびまた溢れる
カーテンコールの頃には笑っていよう
そのつもりだったけど
あなたと2人 笑った後に泣いたんだ
また後になってさ 思い出したりするのかな
あなたと2人 笑った後に泣いたんだ



Leningrad Loud Girlz / 校庭カメラガール
leningrad

#01 iuM

一瞬 我を失う程
壊れる 徐々に
思考がスローに落ちてゆく
ぽた ぽた ぽた

嗚呼 
まるでここはぼくたちの
居場所の
サナトリウムみたいだね
窓を開けてごらん ほら

はじまりでも終わりでもないよ
不思議な
言葉だけが ぐるぐる回って
空が見えたよ
風船が飛ぶような速度で
全部が
透明になってしまった
過去

このまま佇めば
地球最後の人間になるの
いつか ぼくが化石になっても
そばに居てよ


#02 Star flat Wonder Last

ギリギリが見たい ワンダラスト

らんらんらん そろそろ出番かな
キャンパスライフ 忘れた背番号
バンドじゃないけど感度高いよ
なんとかアイドル またカテゴライズ
大好きなもの歌い上げる怪獣
タイトに終わらせるライブ また来週
ナイスシュート貫通 させちゃうバース
歯 くいしばった ラブリーエンジェル

なんで叶わないのかが分からないの
滑らかなフロウ
涙した分の汗はかくよ
ちゃっかりいただきます 派手なラスト
殺伐とした暗いヤツも 見方変えれば歌になるよ
アイデア繋いだアイドルラッパー
アイドルらしさってなにそれ xxx
まだこれからだよはじまったばっか
笑い泣き 女達の挽歌
あんなのよりヤバい フロアバンガー
かんかん照りサンシャインに乗るライダー
ファイナルコーナー 最短でゴーナウ
洋楽 邦楽 ぶった切るボーダー
空まで飛んじゃう マイブランコ
そのまま行けばもう楽しくなるよ

スターフラットぶつかったって
こすれ合っちゃって回るタンテ
夢が 現る 重なる 絡まる
アタマの中で そっと話すの

スターフラットぶつかったって
こすれ合っちゃって回るタンテ
夢はいつまで居たの 探せないの

面倒くさいこと スタコラサッサ
面目ない 歌うよまだ
嘘くさいもの 撃ち落とすマーダー
なんだかんだ強く咲くんだフラワー
空間操る スーパードゥーパー
ヴィーナスバッドヘッド 歌うんだ
ウィーケン チケット ウィズ メイク道具
持って出掛けるよバイト先


#03 Trip with Mr.Sadness

見たことないもの見たくて
フライトする準備する
目を閉じたホライゾン
毎夜毎夜夢見るしかないの
ライト レフト 向かう方のテスト

バックパック詰めてカウントダウン
スタートダッシュはいい なんとなくでいい
ワールドワイドに跳ぶバックスバニー
ブレイク…

これは逃げ出す為じゃなく向かい合う為で
BGMでも伴奏でもない
えぐるように書き殴った一筋のサーチライト

また僕らは旅に出て
悔しくて泣くから
僕は 僕を 失っただけ
また僕らは旅に出て
悲しみを知るから
僕は 僕で いるよ

拡がり出す世界 未来だけじゃない
白か黒かそんなことで叫ばない
ミステイクすら見捨てちゃいない
リスタート 積み重ねた時間

荷物を預けたら気持ちが軽くなった
なんて嘘っぱちで だんだん重くなる
逃げずに向かい合って歌えよxxxx
ボーイズ ドント クライ

降り出したスコール抜けて
届くまでの歌を
僕は僕で探しただけ
突き立てたナイフの先
光るものは嘘で
僕は僕じゃないの

しがみついてる記憶はまるで
枯れない花のようで
それを飾ってる僕は息をしてないみたい
触れる隙もなくて レンズに映っていただけの空は
ただ僕のこれからじゃないから消えるんだ


#04 TOKYO Terror

どうせ嘘ばっか 転がして
形整えて見せる

理想だって ハローアゲイン
話合わせてるの

嘘ばっか 転がして
形整えて見せるの

また増えて 消えてくだけ

鬼は外福は内 レディゴー
既読スルー ミュージック レディオ
誰のせい? 君のせいよ
ハマっちゃってる フェイクなフェイト

毎日磨くスニーカーと自撮り
平日もヒロインよりどりみどり
眠らない トーキョー トーキョー
グラグラ揺れちゃう 歩道橋みたいに
危なっかしい理想郷
リロードする暇なく 飲み込んでる
オーケー オーケー わかったよもういい
その気にさせちゃってごめん ソーリー
光ってるつもり 日常のストーリー
メイク落としちゃうデビットボウイ
ローリン ローリン たまにストップ
かわいいあの娘は エクソシスト
ワナビー 戦う デイドリーマー
テキトーにやっても結局 ウィーアー
フリーダムサバイバー フロムエイジア

それは君の勘違い
パンチラインならいくらでもあげるよ
得るものあって 失うものは無い
知らない方が悪い 知らないの
ハイアンドロー ハイしかない
アウェーでやってもかなりヤバい
華麗に舞っちゃう花びらみたい
イーディーエン ピンキリ サイズ間違えたピンキーリング
ピンチの後にはチャンスがあるとか
簡単に言っちゃうコ 倒すチャンス
ワンツー ワンツー ジュピター マーズ
まとめてお仕置きするこのバース
勘繰っちゃうの自信ない証拠
言いたいことある はいどーぞ

疑って 歌ったって
その意味すら変えられてく

分かって 嫌んなって
何も考えないの

また増えて 消えてくだけ


#05 Last Glasgow

メモリーズラスター
ここで歌ったこと覚えてるよ
未来が明るくても
メモリーズラスト スタート
ここで歌ったこと覚えててね
私がいなくなっても

刻み付けて

きっかけはラップやってみたかっただけ
実際思ったよ 今ならやれる
強い愛で踊り出して今この場所です
お客さんいないし もうたくさんって思ったり
怖くなる 将来の不安ばっかり
無い物ねだりで辛いこの世界
最後のお願いって 何回目だよもう
分かってる 分かってるから 口チャック
やりたい放題やって 不時着
現在進行形のエンターテイメントです
夜の街に叩きつける 乙女の事情
工事中の道路ごと吹っ飛ばす ビジョン
なまぬるいビートはいらない
じっとしてるのと変わらない
ペガサスの羽根なら とっくにちぎった
校庭から打ち上げる 遠くに響いた

想定外ブチ上げ ドープネス”B”reakガール

メモリーズラスター
ここで歌ったこと覚えてるよ
未来が明るくても
メモリーズラスター
ここで歌ったこと覚えててね
私がいなくなっても

メモリーズラスター
いつまで経っても終わらないから
私が終わらせるの
メモリーズラスト スタート
今までだってそうやってきたから
涙はこぼれちゃうけど

刻み付けて

水金地火木土天海冥
雰囲気だけ持って帰って なんて言わないよ
どでかいのくらわす
ラウダーラウダー
折れないよそう簡単に ぶっ壊れろ 乗っかるタイミング
どっかみたいにテキトーじゃないから
ローカリゼーションなんてブレイク
どっかみたいにテキトーじゃないから
儲かりまくりなライフプレイ
目下未体験体験中 この音楽だけで揺らしていく
こんなに人がたくさんいるのに 同じような顔ばっか
まるで機関車トーマスさ 常軌逸してる
しゅっぽ しゅっぽ しゅっぽっぽ
ルートはずっと ずっと向こう
中途半端スルーしてゴー
もうたくさん迷ったし
元気にやってる風 傍観者
見方を変えれば
精神病んでる重症患者
味方は誰?
ラスト ラスト
グラスゴー グラスゴー

ラストバースきっちりキメる コウテカブランド

それでも

その光の中 踊ってた君は
誇らしく微笑んでたんだ
その光の中 踊ってた君は
誇らしく手を振って
去っていった


#06 Post office Crusher

3 2 1 ハフトゥーファン
ブランクなんか埋めちゃうプラン
ハウツーなんちゃら 捲っちゃう
ラップなんか楽じゃん
タフなガラクタ
3分経ったらいなくなる
はんぶんこじゃない 奪うんだ
ぎゃっふん言っちゃう カウンター
ジャップ 忍者 狩るワック
フラグ立った カルマ
グダグダ うだつが上がらない
歌うガール
算数だったら落第
枠から出すな
がっつりやっちゃう ワークガール
テクノストラクチャー

あまくらっしゃー

トゥルーなブルーライトレーダー
狂ったおっさんまとめて制圧
グルんなった警官
撃つんだろレイガン
プリーズモー すげーやつ ワンモア ちゃす
でかいガラス越し映った 土星さん
ナイトガールテーマ
夜な夜な きらびやか
ロストマネー 清算
アーユーレディがプレイバック
黄色いビルのクレーター
その他大勢 傍観者プレイヤー
リース型クレーマー
全部 全部 計算
この街の計画

襲撃の実行日
金曜日から土曜日
ボスは誰 とか投票したり
あいつらのシマに訪問したり
テキトーに煽る闘争心
どうせ降りんなら ゴーホーミー
徐々に 徐々に
散らばってから波状攻撃
バレたら逃げろ 早々に
冗談じゃないよ 本当に
公道に超本気で花火ブチ上げた張本人
誰 誰 誰

クセになるスリルを吐き出してよ

ミッドナイト東京
ひっとらえろ強盗
鬼さんこちら こちとら超光る
夜と墜ちるプラズマ
ポストオフィスクラッシャー


#07 Tommorow Girl Secret

とぅーがー のーだー
ウーパールーパー
せーなー ヘイター
ルーザー ルーザー

ひみつ
君にだけ教えないの
ひみつ
君にだけ教えない

東西南北 灯台下暗し
トンネルの向こう何が見える
LEDの灯
夢見て 戦ったり
馬鹿な神様 また何か言ってる
ハタカラミタラ また恥かいてる

テルミー

暗黙の了解ですね 暗黒の業界ですね
夢見る少女じゃいられない
それじゃコップ一杯も満たせない
アイスクリーム ホットで食べたいな
退屈でいいの ほっとかれたいな
ちょっとだけスローダウン
シャラップ ワック 昨日さん
ちょっとだけスローダウン
置いてかれちゃって もういない
もっと食べたいな

ライトマイファイア

トゥモローガールと昨日のボーイ

明日またガール イエスタディボーイ

エキセントリックマジックリップ
想定外でしょ パニクるVIP
バイキング ピックするカニクリーム
ラインインしちゃう サディスティック
パリスヒルトンばりにパーティー
取り巻きワナビー ごちゃ混ぜ ダンシング
ハリアップ 宿題

トゥモローネバーダイ


#08 Lough Ma Fleur

いったいいつまでが 充電期間
すり抜ける気がする 幽霊みたく
ミラーボール回る 時間の狭間で
何度も何度も 振り出しに戻る
モノクロの街にふりかける音
哀しげな僕の いつかの鼓動
土踏まず気付かず 泥だらけ
おやすみ 今日はクリスマスだね
音楽やってる人はかっこいい
アイドルやってるコはかわいい とか
あれから何年が経ったんだっけ
時々自分がわかんなくて
それすらも当たり前になって
久しぶりに君と話したいね なんて思ってる
電話はしないけど

この街の雪のね
冷たさが気持ちよくて
途切れた声の続きすら包み込んで
この街の雪のね
冷たさが気持ちよくて
君の暖かさだとかも溶けてゆくから
触れて

バスの停留所越しに見える
ビル影の景色 白く塗りつぶす
僕らそうやって 笑ってやり過ごす
僕らそうやって もがいて夢を見る
レインブーツの足跡は深く
持っていくんだ ありがとう二つ
一つは君に 一つは僕に

街の明かりがとてもきれいで 踊った
僕はまだここにいる そう決めたんだ
開いては閉じる この変な感覚
パッと消えてパッと光り出す ミュージック
覚えてるのか 浮かんでるのか
不安定な風の吹いてるベランダ
移り気な性格も責めやしないよ
曇ってくレンズのせいにしたんだ
見たくないものも嫌うことなく
今くらいがちょうどいい気がするんだ

街の雪 幽霊 ミラーボール 空
モノクローム ビート いつかの鼓動
クリスマスソング バスの停留所
ビル影の景色 レインブーツ
街の灯り ミュージック 記憶 浮遊

不安定な風 移り気な僕ら

途切れた声 君は暖かい
曇ってくレンズ 今の自分

なんかさ
マフラーぐるぐる巻きで笑うよ


#09 Lost in Sequence

眠気まなこ
まだそんな時間経ってない
勝手なイマジン 勝手なサーチ
座ってる間に乗り過ごす
取り繕う笑顔で始まる ワンデイ
ふわって浮かんでる雲にジェラって
目を閉じる 切り離すの
ラストはハッピーエンドがいいとか
覚悟ないみたいで ふわり
携帯でワンシーン整理したって
結局少しの間の繋ぎ
かじったストロー たまにスローモー
向こうの景色は ちょっとはマシなのかな

不確かなものだけ増えすぎちゃって
分かってはいるけど
ブレずになんて 簡単にいられないよ
不安が離れない
あんなの嫌だとか 笑ったのはわざとさ

本当はここじゃないとこで咲きたいよ
フラワー

願うほど
目が覚めるようで
僕たちは君を笑った
よくありがちな話だった
手放しては 掴んで
かけがえないものだったんだ

ポスカで消した写真のフチは
切り取られたくなかったから
僕は歌うのさ だってドリーマー
安定とか捨て去ったから
小さな幸福と不幸を 過ぎ去ってはまた今日が終わる
そっとしといて とか言うくせに
かまってくれる世界にいるのさ
繋いでいたい 欲望で迷子
踊っていたい もっとでかい音
鳴ったらなんか変わるかなとか
アバウトな方が今日はちょうどいい
分かってる
あの日に帰りたいとかは 何もない証拠だから
言わないよ

空を飛びたいと思ったことある
無邪気な少年の夢みたいでしょ
もっと暖かい場所があるはずで
もっと冷たい風を切り走る
息切らして 今を掴んで

諦めたあの娘の分も走るよ
僕が

描くほど
絵が消えるようで
僕たちは君を拒んだ
よくありがちな話だった
はみ出しては 囲って
離れられないだけだったんだ

全てが引き返せなくなっちゃって
それでもまだ失うことはないと思ってるんだ



Ghost Cat / 校庭カメラガール
580

#01 Nua

昨日見たはずの夢を忘れた
また溢れかえる 人 祈り 人 祈り
広いのにひどいよ
そんなに遠くまで行っちゃってさ

私が今ここに立っている理由より
サンライズ キャッチするカメラ ネガ
手の平からすり抜ける一瞬のきらめき
ひらひらと舞う 時間よ止まって

オレンジのブランコ 泣いてたあの娘
すぐ通り過ぎてく 別の場所探して
裸足で

傷みと光をすり替えられるなら
眠ることすらできなくなるよ

グッドモーニンとか言うつもりないよ
どうせ今日に 明日くっついてくるし

くるまった毛布 薄まった紅茶
普通がわからなくなる
今日は水曜

面倒だから譜面通り歩く
結局ルールなんて破るくせに


#02 Wedge Sole Eskimo

冷蔵庫の中 昨日食べちゃったから
マグカップの中 今飲み干したから
化粧ポーチの中 歳を重ねたから
私わかってるよ

forever なんてさ 意味無い

これからのことはまだわからないよ
私にしかできないことも無いの
逆様で見たものは掻き消されて
鳥になって 独りになって
それでもまた空見つめて
笑う

感覚だけで one chance 私新しい
頑張ったつもりで また泣いた独り
学校帰りの信号は赤のまま
変わらない
また買っちゃった 缶ジュース炭酸
普段って何 日常って何
愛と平和なんとかって最後言うの
結局
やっぱり私 好きな曲で踊りたい
みんなそうでしょ
ねえ聴こえないよ

だんだん変わってく
でも笑ってる
何か言ったっけ
ごめん忘れちゃった

wink と見せかけて kick する idol
click する日々 今じゃ擦りこむ lyric
振り子の様 ゆらり揺らされる君
意味なんか無いよ
forever ってうるさいな
skip しちゃう毎日 freaky に flow
Luigi より Mario の方が格好いいよ
bling bling なエビマヨでも食べ行こうよ
雰囲気に騙されて乗っかっちゃって
一気に食べたら喉が詰まるから
ひっくりかえすよ全部まとめて

ねえ 明日はどっちかな

夢で見た時ほどは高くないから
背伸びしてできるだけ誤魔化すよ
ただ黙って聞いたことは掻き消されて
鳥になって 独りになって
それでもまた空へ


#03 Dance with Mr.loneliness

街並みの色が変わる four season
私レンズ越しに また笑う cheese
切って貼った表情 collected
遠慮なし 前後左右 regret
let go 早く忘れろとか
velo 噛んじゃった夢も
memo に書いて明日の朝捨てよう
でもそれでいいのかなとか
ありきたりな言葉 渦を巻いて溢れ出す夜
だって分かって欲しいなんて思っては
またすれ違う

意味なんて最初から無かったんでしょ
let’s dance

踊れ Mr.Lonliness と
ここが世界の端っこだよ
壊れそうなもの くだらないものだったんだ
踊れMr.Lonliness
dance floor を作るのさ
踊れるのなら もうどこでもいいからと

まだ夢見てるの まさか ウケる
ほら 小芝居 誤魔化し 上手になって
どうせ無関係 未来は不確定
だって待ってても 理想なんて逆転
let go 寝言 nonfiction
velo 結局 rollin’
shutter 切って 笑えないの誰
handkerchief は また派手になった
人と違うと思ってる 私はありきたりで
要らなかったものさえ 消えるのがこわくて

君の好きって軽くも重くもないね
let’s dance

木漏れ日の中だった
私そこで踊ってたの
きっと誰もが 気づけないままだったんだ
ここはどこですか
重たい beat 鳴らすのさ
世界中が また小さく見えるかな

Mr.Lonliness は 分かったような顔をして
回り続けた 悲しそうで楽しそうで
踊れ Mr.Lonliness
確かなステップ刻むのさ
理由なんてものは なんでもいいよ

いつか星になって
この世界だって回るのさ
忘れそうなもの くだらないものだったんだ
踊れ Mr.Lonliness
dance floor を作るのさ
踊れるのなら もうどこでもいいからと


#04 Puppet Rapper

暗夜行路 trip
wonder land
microphone で叩いて
円盤で切り刻んで
you are wxxk

はじまりの瞬間はあっけない
理由だって 大抵 有って無いようなもんさ
音楽の射す方角へ
idol rap なんちゃらかんちゃら
頭硬い xxx なら
through して good music 鳴らすよ
fruity な good rhyme と flow
売れてるあの娘も気になり出しちゃう
校庭 camera lights action
卓上の beat otaku 上の beat
sandwich また repeat
首振らす rasta よりも peaceful
実は + が - って知ってる
やりたい放題やるんだ idol

jungle の中で Hitchhike
ねえ 格好いいでしょ 1番
ぐるぐる回る beach parasol みたいな
colorful voice に恋する 5秒前
なんちゃって 簡単でしょ rap なんて
だって言われた通りにやってるだけ
idol が idol であることを誇る
でも 臨機応変 flexible
もう 一気に飛んで stage four
kick する度に 増える理想
どうせなら risky game 希望
耳鳴り 意味無い 日々がチラつく
original beginner 右から左
張りぼて pride 壊して向かう
underground より ど真ん中

たった 2、3日で覚えた rap で
引きずり下ろす 仮面被った champion
ど頭に impact ぶっ刺す beat
ほらたまに笑顔 それが idol

出口はあっちだよ


#05 Swallow Maze Paraguay

土砂降りの雨 高架下
これじゃ昨日と同じだ
vouhhh としてもうこんな時間
よくはみ出しちゃう 同じだ
女には有るんだ roman
gili gili を攻めてかすった corner
road of the idol
超高速 ride on

操縦席確保して 最高の flight
強風で揺られたって 最後笑わないと
dope beats は2本指
もっとなんかこう特別な
大人になる前に掴むよ
schop で掘り起こす top rank

run and run 詰め込んだ trunk
生き返って吠える flanders
道なりに行ってもつまんないから
石橋叩き壊して spark

雨の日てるてる坊主より
濡れない私は超すごいとか
結局全部が妄想だった
no conductor orchestra

どうしたらいいの rescue me
私は誰 rescue me
答えを教えて rescue me
連れていってよ rescue me

夜は光 僕は居ない
君は同じ顔してるの
手招く鼓動 遠い日の音
くたびれてく
憧れは
揺れてく 失ってく
せめてそんな日々輝け

K to the O to the U to the T
E to the I to the camera girl
chin poon kan poon hatena world
we will rock you rap queen
zin zin するよ食らっちゃう beats
日出ずる国の不確かな scene
大抵良くなる 胡坐かいて
回転木馬 先輩落ちた
海底二万じゃ足りないくらい
描いてる未来 magical tour
校庭一周 ultra quiz
all day all night 鳴った requiem

偶然なんかないさ
鴉が鳴いた
still idol rhymer
不謹慎 writer

ずっとずっとね
やりたかったことなのに
本当の私じゃ出来ないって言って
逃げてるの
ずっとずっとだよ
やりたかったことなのに
本当の私は何がしたいのかな

夜は光 僕は居ない
君は同じ顔してるの


#06 Tyranno

滑り込み safe と思ってたら out
君のその pace で間に合うの?
you gotta go って逃げ出すよ Jenny
よく言うと fly high
何残ってる 結局その両手に
ミナサンコンニチハ like a Perry
私晴れ女 街は rain
為せば成る 威張んな 目がたれ panda

pee pow pee pow
お巡りさん 消防士さん こっちです
混ぜるな危険 そこらの event
風になりたいなんて言わずに 吹かすよ
black hole idol , dark horse idol
学校ないから 歌うことあるよ
まあとりあえず cha cha とやるよ
bag に隠した girl の秘密
何が出来る 誰が敵
もういっそ出禁にしちゃって bye bye
concrete jungle idol
3分で talk する sample idol

cap かぶらない 曲かぶらない
rap はぶれない love love smile
そんな style で変えちゃう idol file
my boom よりも classic でしょ
そしたらみんなの暮らしも安心
浦島太郎が竜宮城へ行ってる間に
music show case
休日の夢は覚めちゃうから
人は平日に夢を見るのかな


#07 Where the Wild Thing

今日は どれくらいの悲しみが染み込んだの
君のやさしさは この世界のどこかで溶け合うの

色とりどりの世界描くパレット
今日は少しだけ色が足りなかったね
回転する未来 悲しみの種
吐いて捨てる様な24時間
隠れる場所がそこにはあったけど
色も形も違うから怖くて
笑ってるのか 泣いてるのかさえ
分からない ポーカーフェイスな君

今日は どれくらいの絶望が希望を塞いだの
君のやさしさは 暗闇をそっと照らすメロディ

やさしさってなんだろう
他の人や 他のいきものに 思いやりを向けることは
本能に背くことなのかな
だけど僕は その矛盾したやさしさが愛おしいんだ

僕らの体は 遺伝子のただの器なの
やさしさが芽生えたらエラーなの
いきものとして

明日は 少しだけでいいから 君のやさしさが
この世界の歪に溶け合えばいいのにな

ここはかいじゅうたちのいるところ
見た目は怖くて近寄りがたいけど
カラダおっきくて大変そうだけど
美味しいスープ作ってくれた
話疲れてやがて目覚めると
モーニングコーヒーの湯気と太陽のコントラスト
本当はもっとここにいたいよ
でも行かなきゃね そういう話でしょ
大丈夫だよ 君も僕も


#08 Her L Bo She

これで最後だねと言った
僕らは祈りました
少しだけでも明日が変わらないようにと
これで最後だねと言った
僕らは祈りました
少しだけでも明日が変わるように

さよならハルボシ また流れてく
覚えてるからって声が聴こえたよ
さよならハルボシ また走るから
影は見えなくなるよ それだけだよ
さよなら

いらなくなったマウンテンパーカ
しばらくはタンスの中
タンタタン 足音聴こえる
春がやってきたんだよ
坂道駆け上がる自転車
分かりにくい言葉選んだ
変わりになるものは無かった
もう無かった
帽子は風に飛ばされて
ロンリーガール 空に消えてった
本気になっても掴めないもの
あるって教えてくれてありがと
スカートを脱ぐのと同じスピードで
きっと忘れちゃうのかな
帰り道 プラネタリウム
once more

夜が色を変える時はいつも同じ
君がいたんだ それに気付いたんだ
間違ってさ 何度も遠回りしてたけれど
きっと隣には幸せがあったんだ

カメラロール開くたび変わってる
あの日あの時どっかに埋まってく
あんなに毎日見てた写真も
枕元に置いてあった悲しみも
桜の木の下の笑い声も
未来予想図のカタチも変わった
ドク ドク 胸の鼓動が
星と重なるアンコールすんだ
そっちは元気でやっていますか
こっちは元気でやっています
思ったよりもちょっと寂しいけれど
これくらいなら頑張れます
だんだん狭くなるクローゼットと
この街の景色はリンクするのかな
ベランダでプラネタリウム
見たくて目を閉じてみたんだ

これで最後だねと言った
僕らは祈りました
少しだけでも明日が変わるように
すぐにゆくよ

じゃあねハルボシ また走るから
影は見えなくなるよ それだけだよ
さよならハルボシ また流れてく
君が居なくなったって
空は青く光った


#09 Unchanging end Roll

朝から日記帳を開いて
浅はかな希望を未来へ
本当の自分を探して
スローモーション 光が射して
時の流れに追いつけなくて
腕時計を外してみたり
触れるもの全て愛したくて
でも現実は違って
安定なんて求めてないし
不安定でいたいわけでもない
そりゃあの時間違ったけどさ
それだって今は笑える
賑わう街 ひとりぼっち
カップルは幸せそうに
青信号なのも気づかない
僕は

もう先とかないなんて思ったり
友達と疲れるまで遊んだり
置かれた場所で咲けやしない
僕らはどこへでも飛べる鳥さ
普段着のまま 違う朝
感じられることの幸せを
今までとこれからを繋いだら行くよ
みんなに会いに
愛されてないと言う君は
愛って言葉が好きで
自分のことしか見えない君は
思いやりって言葉が好きで
きらびやかな水面に映るのは
いつもと同じ普通の顔で
古くなる時計 修理しながら
苦痛も羽織って 外へ

何かがはじまる そんな音がしたよ
零れちゃったけど 両手ですくいあげて
頼りない踵が砂で汚れてく
それだけで明日が見えちゃって
少し泣くよ

このまま焼き付いて離れないことだったら
いっそ抱えたい
言葉から伝わらないもの
あるって分かる でも歌う
この一言他人事じゃなく
君の胸に届きますように
そしていつか思い出す時
この手に繋ぐ誇りが欲しい
もうどうにでもなれ なら
容易く誰にでも言える
荒れ狂う風でも消えることのない
灯りを点ける
やがて辺りを照らすしるしとなる
だからギブミーチャンス
生きる意味なら今見つけたよ

朝焼けに混じったエンドロールが今
僕らの記憶 早送りしちゃうのさ
終わりが見えたら写真を撮ろうよ
これまでとこれから繋ぐ
詩になるよ

何かがはじまる そんな音がしたよ
零れちゃったけど 両手ですくいあげて
頼りない踵が砂で汚れてく
それだけで明日が見えて…


This is ido rap e.p. / もるも もる
mol_pega

#01 Shiroi Pegasus

白いペガサス 夢が咲く
ノープランで走るの 
君は待ってばかりで もうなんかつまんない
白いペガサス 夢が咲く
もう膨らんではじけ出すよ ほらね
空へ おかえりはまだ早いの

スタートライン なんとか先生
歌うとハイになるとか 冷静な顔して言わないで
まあ楽しんでしかない yeah
知らない場所 知らない人
また出会って 重ね合ってる
別れなんて 怖くないの 
I want reach more
にっちもさっちもいかないゲーム
右も左も知らないで
今なら間に合う? いつだっけ?
シスターさまに聞いてみたって
一回だけじゃ 全然わかんない

だから僕らはまた次の街へ

探しものは何ですか とか
昨日の答えは合ってるか とか
そこで誰かが待ってるか とか
パステルカラーの空に溶けた
上手に作れた料理よりも
もうすぐだってわくわくが欲しい
あそこの星だって掴めそう
待ってるだけの君に サヨナラしたって歌うよ 
なんでもかんでも掴んで笑って
泣いてたって歌って笑って

次の街へ


#02 Flower Delight

フラワーディライト
繋がってて世界
今やっと気づいたの
そばで笑顔を見させて

タイムリープすら退屈に 
なるような気がするバイブスに
世界中一緒にはい空気吸って吐いて
十年経って売れたら何か変わるの?
風景は積み重なるの?
偶然だったらないアラカルト
愛はさじが投げられて気づくの

ハローハロー グッバイトゥナイ
歌いたくないことは歌わない
学校はリリック教えてくれない
かっこ悪い そこどいてくれない?
「アナタノコエワタシニハトドカナイ」
もし汚れた世界だったら
歌った言葉も汚れてしまうの?

例えかじかんで掴めなくなっても
大丈夫 まだその目は光ってる
例え時間が戻せなくなっても
大丈夫 まだ
さ よ な ら

フラワーディライト
繋がってて世界
今やっと気づいたの
そばで笑っていて

M まだまだ飛べる
O  過ぎてった昨日
L  全部叶えてみせるよ

きれいな花だけじゃない わかってる
みんな段々と大人になってく
理不尽なことも 黙ってる
カーテン閉めたまんまで 笑ってる
なんで私ここに立ってる?

浮かんですぐ消える夢なんかじゃない
だってすぐ逃げたら 叶わない
待ってるだけなら 渡さない
歌ってばっか 歌ってばっか 
ライツカメラアクション 
帰る場所はないの

これが最初だって歌うよ
何回もチャンスないよ
これが最後だって歌うよ
何回もチャンスないよ

Pocket