ラロッシュポゼシカプラストバームの使い方は?顔や体で方法が違う?

ラロッシュポゼシカプラストバームの使い方は?顔や体で方法が違う?コスメ

ラロッシュポゼのシカプラストバームB5は、

  • 保湿される!
  • 肌が荒れていても使える!
  • 肌がなめらかになる!

と人気の保湿クリームですよね(*^_^*)

今回は、そんなラロッシュポゼシカプラストバームB5の使い方についてまとめてみました!

実際に使ってみて「どんな使い方が良かったのか」について詳しくレビューつきで紹介しますね♪

それでは、さっそくいってみましょう!

ラロッシュポゼシカプラストバームの使い方:顔は?

まずは、ラロッシュポゼしかプラスとバームB5を顔に使う場合です!

ラロッシュポゼシカプラストバームはフランス産。

大人から子どもまで使える「スキンクリーム」という分類に入るクリームです。

日本でいうと、ニベアの青缶のようなクリームになります。

なので、顔に使う場合も、ニベアと同じようにそのまま塗っても大丈夫です♪

ただ、ねっとりしたテクスチャーで、少し硬めなので、ニベアと比べるとちょっと伸びが悪いです…。

なので、

  • 肌がカサカサしがち…。
  • 肌の摩擦はなるべく避けたい…。

という場合は、事前に化粧水で肌に水分を与えておくと滑りが良くなるので、摩擦を感じず安心して使えると思います♪

また、化粧水後だとシカプラストバームの量も少しの量で済むので、すごくコスパが良くなりますよ(*^_^*)

朝は、化粧水後に少し塗って、その後に日焼け止め→いつものメイク

夜は、化粧水後にたっぷり塗って寝る

と、肌がどんどん潤ってきてぷりぷりに♪

また、「ニベアのガッテン塗り」といってニベアだけをたっぷりつける方法が流行しました。

もし「ガッテン塗りが肌に合っていた」という場合は、シカプラストバームのガッテン塗りもOKだと思います!

ラロッシュポゼシカプラストバームの使い方:体は?

ラロッシュポゼシカプラストバームを体に使うときは、そのまま塗りでOKです(*^_^*)

硬くて伸びが悪いな…と感じる場合は、アベンヌウォーターなどのウォーターミストで肌をしっとりさせてから塗ると、伸びが良くなります♪

「ボディクリームはべたつくから苦手…。でも乾燥が気になる…。」

という場合も、シカプラストバームだったらべたつきが気にならないので、ストレスなく使えると思います(*^_^*)

個人的には、ハンドクリームとして使っても手の甲がつるんっとしてうるおうので、小さい容器に入れかえて持ち運べるようにしています。

ラロッシュポゼシカプラストバームのサイズと容量

ラロッシュポゼシカプラストバームB5は、40mlと100mlの2つのサイズがあります。

  • 「顔だけに使うつもり」という場合は40ml
  • 「顔だけでなく全身に使いたい」という場合は100ml

がいいかな?と思います♪

40mlサイズは1,000円ほど、100mlサイズは2,000円ほどで販売されています。

私の場合は、いつも100mlの大容量サイズを購入しています。

輸入元のお店によって異なることもあるのですが、シカプラストバームB5の消費期限は結構長いです(*^_^*)

なので、衛生面はちょっと…という感じなのですが、持ち運び用は違う小さい容器に移して使っています♪

たっぷり使っても2,000円で、CICA成分(ツボクサエキス)とパンテノールが入っているのはかなり嬉しいですよね(*^_^*)

まとめ

以上、ラロッシュポゼシカプラストバームB5の使い方についてのご紹介でした!

私は、赤みがでたりかゆみが出たりする「ゆらぎ肌」なのですが、しみることもなく安心して使えました(*^_^*)

さすが乾燥敏感肌ブランド「ラロッシュポゼ」という感じです♪

ラロッシュポゼシカプラストバームは、現在日本の公式サイトでは販売されてなくて、取り扱い店はフランスから輸入して販売しています。

なので、店頭で販売されているお店は。私の場合は見かけたことがないです…。

気になる方は、ぜひぜひネットでチェックしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました